歯周病になったら歯周病治療をしよう

歯周病は、自分が歯周病になったいたとしてもその症状に気付かない場合が多いです。

ですが、歯周病によって歯を失う人は多くいるのが現実です。ですが、歯周病になっていたとしても歯医者でしっかりと治療をすることによって歯周病の進行を抑えることができます。歯周病になっているのに気付かずにそのままにしておくといつかは歯を失ってしまう原因になってしまいます。歯周病によって起こる症状としては、歯が揺れたり、歯茎が腫れたりしてしまい、最終低に歯が抜けてしまいます。

初期の段階では、歯周病になっていたとしても特に症状がないので、気付かないうちに歯周病の進行がどんどん進んでしまいます。歯周病治療には、いくつかの種類があります。その一つとして歯周病の原因であるプラークを取り除く治療方法です。自分でプラークを取る力だったり、歯石を取ることによってプラークを取りやすい環境にします。この基本治療ができていないといくら外科治療をしたとしても、また元に戻ってしまうことになります。治療回数は、歯周病の重度によって変わってきます。

他にも歯周病治療として、基本治療で取りきれなかった歯石だったり、歯周病によって凸凹なっている骨を形を整えてあげることにより、プラークコントロールがしやすい形にしていきます。このときに状態の悪い歯を抜歯することによって、他に悪い影響を与えないようにしていきます。この歯周外科治療は、初期治療終了に必要のある人のみに行い歯周病治療となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *