歯周病治療は日頃の生活が大事

歯周病の一番の原因はプラークという歯垢です。

これが多すぎると、歯が抜けるということになってしまいます。正しい歯磨きをしてプラークの増加を抑えるプラークコントロールという一番典型的な歯周病治療があります。しかし、これを怠ると磨いても取れない歯石ができます。歯石は歯周病を進める原因になるので、早く取り除かないといけないのです。歯石を取り除くには歯医者に取り除いてもらい、スケーリングとルートプレーニングというプラークと歯石がつくのを抑える歯周病治療をします。

この他の歯周病治療として、詰め物や被せ物が適切でないと、プラークが取りづらいので正しく直します。歯ぎしりする行為は歯周病を進めるので、マウスピースを装着します。噛み合わせが悪い時はこれも直します。場合によっては薬を服用してプラークを減らしていきます。これらの方法は全て、歯周病治療の方法で歯医者はこの中からそれぞれの患者に合わせた治療をしていきます。

又、歯医者の協力だけでなく自身も正しい歯磨きをします。さらに、自身の生活習慣と食生活にも気をつける必要があります。歯周病は感染する症状ですので劣悪な生活習慣で抵抗力が低いと歯周病になりやすいです。また糖尿病も歯周病を引き起こす要因になりますので、食生活も気をつけないといけないのです。その対処方法は糖尿病にならない食事にします。そしてもう一つは食事の時、よく噛むことを心掛ける必要があるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *