歯周病治療は初期から行っておくことが大事

歯を失う原因とは虫歯だけではありません。

年齢とともに歯茎が垂れ下がっていき、歯石やプラークなどが溜まることで歯周病になってしまうことがあります。歯周病が悪化すれば歯槽骨が溶けていき、歯を欠損してしまう原因となりますから、歯周病治療は初期の段階から行うようにしましょう。初期段階ならば定期的な歯石の除去とクリーニングのみで、治療を行うことができるので、大幅な治療をする必要はなくなります。

進行してしまえばかなり治療が難しくなってしまいますから、歯に何も異常が見られなくても必ず歯医者に行って歯周病の検査を受けることにしましょう。歯医者に行けば歯周ポケットの深さや歯茎の状態などをチェックしてくれるので、自分が歯周病になっているのかどうかをすぐに診断してくれます。万が一歯周病と診断された場合でも、歯周ポケットの部分に細菌を発生させない薬剤や、目に見えない部分の歯石を除去することで、健康な歯に戻すこともできます。

歯周病治療は早期にとりかかれば治る確率も高くなりますから、自己判断で通院をやめるのではなく、指定された日に必ず通院して歯の健康を保つようにしましょう。歯周病治療の際には痛みが強い時には麻酔をかけて治療してくれますから、負担を最小限に抑えることができます。歯周病治療を適切に続けていけば歯を欠損せずに、いつまでも自分の健康な歯で暮らしていくことができるようになるので、歯周病治療は根気よく続けましょう。
渋谷の歯医者のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *